ストレングスファインダーで自分の強みとなる傾向を把握する

ストレングスファインダーというウェブベースの性格診断みたいなものがあります。

自分のグループでやってみましたが、自分の傾向を再認識できたり、他のメンバーの傾向もなんとなく思っていたことが、確かにそうだね!とか、意外な一面が出てきたりしてとても良かったです。

ストレングスファインダーとは、人は全部で34の特性で構成されている、という概念で、ドナルド・O・クリフトさんによって開発されたものです。

誰にも34の特性が全てあるのですが、各人に特に色濃くでている特性から順番を付けてくれます。

僕の場合は以下がトップ5の特性でした。

1.達成欲

  • 何かを成し遂げたいという欲求が強い。あなたは自分自身に満足するために、一日が終わるまでに何か具体的なことを成し遂げなければなりません。
  • どんなに今日は休もうと思っていたとしても、何も達成することなく其の日が過ぎてしまうと、あなたには小さな満たされない思いが残るでしょう。
  • などなど。

2.競争性

  • あなたの目的がどれほど価値のあるものであろうと、そしてたとえ自分の目標を達成していたとしても、競争相手を超えていなければ、その成果が無意味に感じられます。
  • あなたは競争して勝つことに大きな喜びを感じます。

3.学習欲

  • あなたは学ぶことが大好きです。
  • 内容や結果よりもプロセスが、あなたにとっては刺激的なのです。
  • あなたは何も知らない状態から、着実で計画的な過程を経て、能力を身につけた状態に移行することでいきいきとします。

4.親密性

  • あなたは既に知っている人たちに引き寄せられます。
  • 親しい友人のそばに居てこそ、大きな喜びと力を得るのです。
  • 親密であることに心地よさを感じます。

5.着想

  • あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているのかを説明する的確で簡潔な考え方を発見すると、うれしくなります。
  • 着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して新しい見方をすることです。

こう見ると、僕がたまたま選んだコンサルティングという業界は、実は非常に特性とはフィットしていたのだと思います。

でも、もう辞めてしまいましたが、、。何かの事業を自らリードして、思っていること実現してみたいという欲求が強かったです。

自己認識を高める。成長して仕事できるようになる。そのためのヒントはこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です