マーケットリスクをヘッジするためのプットオプション買い

個別銘柄の分析をいくらしても、結局、マーケットの市況が総崩れになると必ず価格が下がります。

投資家がリスクオフとして、ありとあらゆるものを売って、キャッシュポジションを増やそうとするからです。

現在は、アメリカも日本も株価は比較的高い水準にあり、いつ調整局面が来てもおかしくない状況です。

これをなんとかして、一部でもヘッジできないだろうか?と思い、プットオプションを買うことを検討してみました。

1.プットオプションとは何か?

  • プットオプションとは、ある価格で、物を売る、権利のことです。
  • 僕が今回買ったのは、日経平均のプットオプションです。
  • 具体的には、日経平均を20000円で売る権利を買ってみました。

2.日経平均のプットオプションを買うことは、何を意味するのか?

  • 今、日経平均は23800円くらいです。
  • これを、20000円で売ってしまったら、大損するので、権利は持っていても行使はしません。
  • ですが、仮に、2週間後に突如イベントが起き、急落したとしましょう
  • ▲15%ほど急落すると、▲3570円なので、日経平均が20230円まで落ちます。
  • 更に、落ちれば、20000円で売れることが、価値を持ちます。

というように、たとえどれだけ急落しても、20000円で売れるので、セーフティネットを張れるということになります。

3.私の投資戦略に対する意味合いは?

  • 今、個別銘柄を2つほど、保有しています。
  • これが、マーケットが急落して、株価が下がってしまうと、いくら企業分析しても意味がありません。
  • なので、プットオプションという、「保険みたいなもの」を買うことで、マーケットの急落のリスクをヘッジする、という目的です。
  • マーケットが急落すれば、たとえ保有銘柄の株価が下がっても、プットオプションの価格が上がるので、一部は相殺できます。
  • むしろ、プットオプションの価格が上がった分だけ、保有銘柄を安く買い増しする予定です。

ただ、プットオプションは思ったより高いです。

また、書きながら思いましたが、11月6日にアメリカの中間選挙があるので、さすがにそれまでは株価を保つ力が強く働くので、マーケットが崩れる心配をする必要はないような気もしてきました。プットオプションは、「掛け捨て型の保険」みたいなものなので、何も無ければ保険料だけ損して終わりとい構図です。さて、掛け捨ての保険料を払うべきだろうか?

投資・資産運用に関して興味のある方こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です