アメリカの長期金利の上昇が続けば、近々本格的な株価急落を招く可能性

アメリカの賃金上昇率が3.1%となり、12月の利上げがほぼ確実となったようです。

このまま金利上昇が続ければ、どこかで信用拡大→信用収縮へとトレンドが変わり、本格的な株価急落が始まると思います。

そもそもなぜ、株価急落が起こるのか?を少しだけ考えてみました。

この8年くらいは

  • アメリカ、EU、日本が、どこも軒並み金利を下げた
  • 金利が下がるとお金を借りるヒト、企業が増える
  • その結果、お金が世の中にあふれることになり、資産価値が上がる
  • その結果として、消費もよくなり、企業業績もよくなり、更に株価も上がり、、。という好循環だった

一方で、この1年くらいは

  • アメリカは金利を上げてきており、
  • EUも、年内で量的緩和を終了
  • 日本だけがほぼそのままだが、ターゲット金利を0.1%→0.2%へとほんの少し上げてきた

いずれにしても、大きなトレンドは、緩和→引き締めになってきている

引き締めが続くと何が起こるのか?

  • 例えば、新興国→アメリカの高金利を求めてお金が移動する
  • 新興国で借りていたヒト・企業が、急にお金を返せと言われる。もしくは金利を上げられてしまう
  • 結果として、破産するヒト・企業が出てくる
  • 失業率が上がり、消費が落ち込む、更に破産するヒト・企業が出てくる
  • 景気が悪化していく、悪循環へ入り込む

英国のEU離脱にも不確定要素が多いといわれています。実際に、いつ、何がトリガーになるのか?はわかりませんが、確実にその時が近づいてきているのは確かなのでしょう。この先1年くらいはキャッシュポジションを多めにするか?株価が例え1回でも600円以上下がれば、その日に大きく売り払うなりして、逃げること最優先にしておきたいです。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

最近読んだお薦めの本です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です