クラウドワークス、ロコンド、ドリームインキュベータへの投資の失敗と学び

1.ドリームインキュベータ

  • 一番の学びは、市況が悪くなると、やはり今までの下値抵抗線を簡単に下抜けするということです。
  • 下値抵抗線は、一定のマーケットの市況が大前提であり、その前提が崩れたときは、全く関係なくなり、底値が見えなくなることがよくわかりました。
  • 過去2年、1900~2000くらいで必ず反発していたのが下抜けしたチャートです。

2.クラウドワークス

  • 一番の失敗は、下降トレンドの途中で手を出したことです。
  • 底値が見えていないのに、割安だと判断して手をだしてしまいました。
  • たぶん、割安なのは間違いないのですが、それでも下降トレンドの最中に手を出すのはナンセンスでした。

3.ロコンド

  • 一番の学びは、市況が悪化すると、中小型株の方がより悪影響を受けやすいこと
  • もう、ファンダメンタルなんか関係ありません。
  • とにかく、リスクオフで、資金を抜きたいという思いが表れてます。

 

まあ、全ては、簡単に言えば、地合いが悪くなりすぎると、理屈では考えられないほど株価が下がるよ、ということですね。

まだそこまで悪くないはずなのにこれなので、マーケットクラッシュしたら、目も当てられないですね、、。

ファンダメンタルなんて関係なく、一目散にマーケットから逃げるしかないとよくわかりました。

これから1年以内くらいには、もっと大きく市況が崩れると思うので、しばらくは逃げることを最優先にしようかと思います。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です