人間を磨くという本を読んで自分の気付きに繋がったこと

田坂広志さんの本、「人間を磨く」を読んでみました。以下、備忘録です。

重要なポイント

  • 自分には非がない、自分には欠点が無いと思い込み、それを密かに誇る心の姿勢。その密やかな驕り、無意識の傲慢さを伴った優等生意識が、人の心を遠ざける。
  • 人は、非があり、欠点があり、未熟であるから、周りの人の心が離れていくのではない。人は、自分の非を認めず、欠点を認めず、自分には非が無い、欠点が無いと思い込むとき、周りの人の心は離れていく
  • 周りの人々は、我々の形だけの謝罪の言葉よりも、その小さなエゴの叫びをこそ、無言のメッセージを通じて敏感に感じ取っている。
  • 人とぶつからない人生、心が離れない人生が、よき人生ではない。人とぶつかり、心が離れ、なお、それを超えて、深く結びつく人生。それこそが、よき人生である。
  • 人間、自分に本当の自信がないと、謙虚にはなれないんですよ。
  • 人間、自分に本当の強さがないと、感謝できないんですね。
  • 欠点も長所も同じ。ただの個性。人は都合によってそれを使い分けるだけ。
  • 自分の中にある欠点を許せないと、同様の欠点を持つ相手を許せない。

自分の中ですごく腹落ちできているものと、まだ表面上の意味合いしかわかっていないものと、両方が混在しています。

いずれもっと経験を積んで、全てを心からそう思える境地に至りたいな。

自己認識を高める。成長して仕事できるようになる。そのためのヒントはこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です