株の買い方に関する学び

早、1年半ちょっと株式投資を行ってきました。2019年はうまく行っておりません。ということで、学びを書いてみようと思います。

まずは、どんな株を、どんなタイミングで買うべきか?に関して。

1.ファンダメンタルがとても強い銘柄が、必要以上に売られている時に買う

  • バフェットに言わせれば、金融危機直後に株価が不当に下がった、コカコーラ、みたいな株
  • 僕が今ウォッチしているのは、アイペットと、夢真ホールディングス
  • 両方とも着実に成長しており、ビジネスモデル的にも安定した成長と収益性を期待できる銘柄
  • ただ、1~2年は大丈夫ですが其の先はわかりません。バフェット的には10年大丈夫なコカコーラを買う理由はこれでしょう。
  • アルファポリスをここに入れておく

2.ずっと出来高が少なく横ばいだった銘柄が、カタリストにより非常に大きな出来高を伴った場合

  • コロプラの、ドラクエウォーク発表のケース
  • 株価がこの先どうなるか?わかりませんが、10%程度の損切りラインを引いて、上値を狙ってみるのはおもしろいでしょう

3.何度も上下しており、下値抵抗線がある程度見える中で、下値に近づき反転した銘柄

  • 更に、ファンダメンタルには事業が成長している銘柄
  • 僕の中では、クラウドワークスとマネーフォワード

次に、やってはいけない株の買い方について

4.事業が成長している銘柄が、少し下がったからと言ってナンピンを続ける

  • 僕はこれをロコンドでやってしまいました。
  • 成長していても、株価は半値にもなります。特に新興銘柄は
  • なので、必ず10%くらいで損切りをすべきでした。

5.株価には、やはりトレンドがあります。マーケット自体のトレンドだったりセクターのトレンドだったり、個別銘柄のトレンドだったり。

  • なので、下降トレンドの最中に買っては絶対にダメ。いつまで下降トレンドが続くか?は、ファンダメンタルとは関係ないので。
  • 逆にトレンドが転換したタイミングか、上昇トレンドで買い増していくのが正しい買い方。
  • 更に、転換したように見えたが、また下降トレンドに戻ったときは、容赦なく損切りすれば良いんです、、。

ということで、これらの学びを活かして、なんとか今年後半をプラスに持っていき、通年でプラスに返り咲きたいです、、。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です