正しい意思決定に必要な3つの要素

自分が意思決定をする際でも、他人が意思決定をするのをサポートする際でも、以下3つが本質的な要素だと思います。

1.視座の高さ
2.ロジック
3.現場・事象への深い理解

1.視座の高さについて

  • 意思決定は、結局、どの時間軸や、どの範囲での最適解を求めるか?で結論が変わります
  • 分かり易い例は、短期の売上を求めるならひたすら安売りすれば良いですが、中長期の売上と利益成長を求めるなら、また別の売り方が必要になるかもしれない、とか
  • 自分の意思決定が上司の意思決定と異なるのは、ほとんどの場合、視座の高さが異なるからです

2.ロジック

  • いわずもがな。ロジックが破綻していれば、それは正しい意思決定ではないでしょう
  • ロジックの組み方は、視座の高さと現場への深い理解に依存します。
  • ロジックはあくまで、視座の高さと現場への深い理解を繋いで、結論を出すツールのようなものですから

3.現場・事象への深い理解

  • これも、いわずもがな。正しく事象や実態を認識していない限り、正しい意思決定ができません
  • ただ、ポジションが上に上がれば上がるほど、現場から遠ざかっていき、自分と現場の間に何人もの伝言ゲーム者が入るため、実態が本当に見えなくなってきます
  • 自らが現場に降りていき、正しい理解を得るか?もしくは、信頼できる情報ルートを確立しておくか?が必要になります

意思決定が行われる際に、自分がその決定内容に貢献できるかどうか?は

  • ジュニアであればあるほど、3番が勝負どころ
  • 2番は得意であれば、役に立てる
  • シニアであればあるほど、1番が勝負どころ、です。

1と2と3を全て自分で持つのはとても難しく、自分の不足しているところを補えるチームでの議論を経て、意思決定していくことが必要です。

ただ、常にそれだけの時間があるわけでもないので、普段から1~3番の全てに対して研鑽を積むことが結局は自分の意思決定力を高めていくことになると思っています。

自己認識を高める。成長して仕事できるようになる。そのためのヒントはこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です