ミネルヴィニの成長株投資法の実践:アカツキの例

ミネルヴィニの本を読んで、頭では色々理解していましたが、実践に移すとなるとまたハードルは高いです。うまくできていませんが、自分の実例で、ミネルヴィニならどう考えるか?をなぞってみて、理解を深めたいと思います。

アカツキです。

こちらは日次のチャート

次は、週次のチャート。1~3の番号は同じところを示しています。

週次チャートで見た方が分かりやすいですが、

  • 1番と2番んと3番で機関投資家が買っている。
    • 正確には3番の3週間前でも買っているので、4回買っていますね。
  • 機関投資家の買いが無い週は、きれいに右肩下がりに出来高が落ちる
  • ミネルヴィニはその期間をベースと呼んでいて、そこから次のベースに上がるところをブレイクアウトと呼んでいて、そこがローリスクのエントリーポイントだと言っている
  • 赤丸をつけたところがだいたいのエントリーポイントです。
  • 最初は投下したい金額の4分の1くらいで様子を見て、次々と買い増しを行っていく
  • 日次チャートで見るとわかりますが、ベースの期間でもボラティリティがあったりするので、最大で10%くらいは値下がりを我慢するが、基本は▲7~8%で損切りを徹底する
  • 今回は、12月25日の下落で、ミネルヴィニなら損切りしていますね。そして、1月4日のブレイクアウトで再度エントリーしていると思います。
  • そもそも最初のエントリーポイントは、確かに週次チャートで見ると、カップウィズハンドルの形に見えますね。
  • 4000円で入っていれば、今、+50%弱上げた状況です。
  • だいたいベースを4回くらいは作ってくれる?らしいので、あと2回はベースを作り、8000円台くらいから、急上昇して10000円くらいでクライマックス売りでしょうか?(これは全くの適当な予想です)

いずれにしても、初めての実践なので、損しても勉強代と思って、エントリーしようと思います。

機関投資家の動きについては、こちらのまとめ記事をご覧ください。

オニール・ミネルヴィニの成長株投資法は、こちらのまとめ記事をご覧ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です