企業分析:夢真ホールディングス

今日は、夢真ホールディングスを分析してみたいと思います。

1.まずは、現状の数字のおさらい

  • 2019年度9月期の予算
    • 売上: 500億円
    • 営業利益: 60億円
  • 上半期の実績
    • 売上: 245億円
    • 営業利益: 27億円
  • 時価総額: 632億円
  • PER: 15倍
  • 利回り: 4.36%

PERは成長の割りには低いですし、利回りも4%越えと高いです。とても良い状態だと思います。

2.では、2019年度9月期の予算は達成できそうなのか?

  • Q1: 売上118億円、営利12.4億円
  • Q2: 売上127億円、営利14.4億円
  • Q3: 売上134億円?、営利15億円?
  • Q4: 売上140億円?、営利16億円?
  • 合計: 売上519億円、営利57.8億円

トレンドで引っ張ると上記くらいは行くでしょう。まあ、十分射程圏内というところです。

3.2020年9月期の計画は?

中期計画を発表していますが、大きく伸ばす計画となっています。

  • 2019年9月期: 売上500億円、営利60億円
  • 2020年9月期: 売上635億円、営利80億円
  • 2021年9月期: 売上762億円、営利100億円

4.過去5年間を見ると、売上は順調に伸ばしつつ、営業利益は階段状に見えます

5.派遣行法改正の影響は?

政府は勤続年数に応じて、派遣社員の給料を以下の指数を目安に上げることを示しました、、。

これは2020年4月に施行されますが、夢真への影響はどうなるでしょうか?

現状の、建設派遣技術者の時給を見ますと

  • 新人: 2,714円
  • 2年目: 3,068円(+13%)
  • 3年目: 3,233円(+19%)
  • 4年目以降: 3,570円(+32%)

ということで、4年目以降はクリアしていますが、2年目は3%アップが必要、3年目は8%アップが必要となります。

これを、2020年9月期の予算にどう織り込んでくるのか?が夢真の一番の焦点になりそうです。

6.2020年9月期は?

  • もし中計どおり、営利80億円であれば、PERは11.3倍まで下がります
  • 1株益も70円くらいになり、配当も45円程度までは上がると思います。
  • ほぼ確実に株価も30%程度は上昇するでしょう。

たぶん、11月14日くらい発表になります。問題は、派遣業法改正の影響を夢真がどう織り込んでくるのか?という1点です。IRにでも電話して聞いてみようかなあ、、。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です