企業分析:みらいワークス

このみらいワークスという企業も、将来性がありそうです。ウォッチリストに入れつつ、まずは軽く分析してみようと思います。

1.売上と営業利益の推移は?

  • 2014年9月期: 売上12.6億円、営業利益赤字
  • 2015年9月期: 売上15.4億円、営業利益赤字
  • 2016年9月期: 売上17億円、営業利益0.6億円(利益率0.4%弱)
  • 2017年9月期: 売上23億円、営業利益1.2億円(利益率0.5%強)
  • 2018年9月期予想: 売上30億円、営業利益1.5億円(利益率0.5%)

実際は営業利益は1.7~1.8億円行きそうなので、利益率も0.6%弱というところです。

2.成長の原動力となるのは登録コンサルタント数だと思います。その過去推移を見てみます

  • 2012年6月: 250名
  • 2012年12月: 500名
  • 2013年6月: 900名
  • 2013年12月: 1400名
  • 2014年6月: 2000名
  • 2014年12月: 2550名
  • 2015年6月: 3100名
  • 2015年12月: 3700名
  • 2016年6月: 4400名
  • 2016年12月: 5000名
  • 2017年6月: 5500名
  • 2017年12月: 6200名
  • 2018年5月: 7000名(なんかペースアップしてますね)

人材マーケットの流動性が少しずつ上がっているし、今後もその方向性に変わりはないと思うので、しばらくは伸び続けられるのではないでしょうか?この数字だけをKPIとして、これが上がる限りは、購入してホールドし続けるのが良さそうです。

3.では、いくらの株価であれば購入すべきなのか?

  • 現在: 株価5570円、時価総額68億円、PER69倍、営業利益予測1.5億円、純利益予測1億円
  • 営業利益が1.8億円になると仮定して、純利益も1.2億円と仮定すると、それでもPERは58倍
  • 仮に来年も30%伸びると仮定して、純利益が1.56億円、PERは44倍。なかなか高いですね、、。
  • ただし、チャートを見ると、底値が5000円なので、成長路線が続く限りは、5500円以下はもう買いでよいかなと思っています。

来週のSQ辺りで大きく下がってくれれば、一気に参入して、しばらくホールド銘柄としていきたいです。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です