ロコンドの営業利益と適正株価を予想してみる(其の2)

ロコンドは足元が、どのくらいきちんと伸びているのか?を調べてみました。

  • 3月受注高: 10.9億円、YOY+44%
  • 4月受注高: 11.7億円、YOY+44%
  • 5月受注高: 12.6億円、YOY+47%
  • 6月受注高: 11.7億円、YOY+52%
  • 7月受注高: 13.3億円、YOY+52%

全て、返品、キャンセル前の受注高です。順調に伸びています。

一応、財務状態も確認しておきます。2018年5月末時点です。

  • 流動資産約40億円
  • 流動負債約20億円
  • 株主資本33億円

10億円程度の赤字であれば、問題なくキャッシュは回りそうです。

さて、他にはどんなリスクがあるでしょうか?

  • もし、取扱高が2019年2月期で、150億円ではなく、125億円しか行かなかった場合
  • 広告費用前営業利益は、14~15億円レベル
  • 広告費用を取扱高比で6%使うと、7.5億円利用なので、営業利益が7億円くらいです。
  • まあ、これでも前年比だと2倍の営業利益ですね。
  • 純利益が4.5~5.0億円くらいでしょう。だとすると、PERが25倍で、時価総額が110~125億円。ちょうど今くらいです。

うーん、やはり今くらいの時価総額が最低ラインな気がしますね、、。

期待値で考えると、以下でしょうか?

  • 株価が900円切るケース: 確率30%くらい。損失は▲15%~▲20%
  • 株価が2000円超えるケース: 確率70%くらい。利益は+100%
  • 期待値で考えると、+60%くらいはありますね。

やはり、1000円を切ったら、大きく買って仕込みたいと思います。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です