ロコンド2019年1月の月間受注高の振り返り

あまりに暴落で、正気を失ってしまい月次の振り返りをしておりませんでした。思い出したくもないですが、逃げずに現実を直視しようと思います。

受注高(キャンセル・返品前): 14.9億円

  • locondo.jpの受注高成長率: +49%
  • EC事業全体の受注高成長率: +41%

過去の月次の推移と見比べてみました。

  • 3月:10.9億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 4月:11.7億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 5月:12.8億円(EC全体+38%、.jp:+47%)
  • 6月:11.7億円(EC全体+45%、.jp:+52%)
  • 7月:13.3億円(EC全体+46%、.jp:+52%)
  • 8月:11.0億円(EC全体+60%、.jp:+69%)
  • 9月:13.1億円(EC全体+49%、.jp:+59%)
  • 10月:15.3億円(EC全体+62%、.jp:+70%)
  • 11月:15.7億円(EC全体+61%、.jp:+61%)
  • 12月:14.6億円(EC全体+50%、.jp:+57%)
  • 1月:14.9億円(EC全体+41%、.jp:+49%)

受注件数と新規、既存の成長率も見てみます。

  • 10月:受注件数成長率+81%、(新規受注:+109%、リピーター受注:+72%)
  • 11月:受注件数成長率+80%、(新規受注:+118%、リピーター受注:+69%)
  • 12月: 受注件数成長率+72%、(新規受注:+85%、リピーター受注:+67%)
  • 1月:受注件数成長率+57%、(新規受注:+63%、リピーター受注:+55%)

大きく減速していますね。

これはリスク高いので、うまいところで売り抜けたところです。大きな含み損があるのだが、どうしようかな、、。

一方で、この1年でそうは言っても大きく成長したのは間違いなく、でも時価総額は20%くらいしか上がっていません。そういう意味では割安とも言えるのですが、、。もう1度成長力を取り戻せるのか?が全てです。

というか、なぜこの数ヶ月、成長が止まってきているのか?その理由がわかっているのでしょうか?ただの暖冬であれ大きな問題はないですが、本質的な課題があるのであれば、さっさと売り逃げしたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です