ロコンド2019年2月期第2四半期決算結果のレビュー

昨日、ロコンドの第2四半期決算が発表されました。早速、その数字をレビューしてみようと思います。

まず、その前に、振り返りを行います。

1.2019年2月期の取扱高ターゲット150億円の内訳

  • Locondo.jp: 96億円(+40億円: Organic growth: +17億円、CM効果+17億円、マガロ同盟によるマガシーク在庫販売+6億円)
  • Locomall: 23億円(下期:+6億円は、マガロ同盟によるマガシーク、d-fashionでの売上増)
  • BOEM: 16億円(+6億円は、既存の成長と新規)
  • LOCOCHOC: 11億円(前年並み)
  • その他: 4億円(+3億円)

2.2019年2月期のQ1の進捗

  • 合計は30.3億円(前年比+32%)で計画通り。内訳は以下
    • Locondo.jp: 20.2億円(前年比+50%)
    • Locomall: 4.6億円(前年比+7%)
    • BOEM: 3.0億円(前年比+50%)
    • LOCOCHOC: 2.2億円(前年比▲27%)

3.2019年2月期のQ2の進捗

  • 合計は30.3億円(前年比+40%)で計画通り。内訳は以下
    • Locondo.jp: 21.5億円(前年比+65%)
    • Locomall: 4.5億円(前年比+16%)
    • BOEM: 3.6億円(前年比+56%)
    • LOCOCHOC: 2.0億円(前年比▲35%)

4.進捗はどうか?

  • Locondo.jp: 上期で+15億円。マガロ同盟除いた目標が34億円なので、下期+19億円行けばよく予定通り。
  • Locomall: 上期で+1億円。予定通り。今後のマガロ同盟次第
  • BOEM: 上期で+2.3億円。下期で3.7億円伸ばす必要。まあ、なんとかなるかな
  • LOCOCHOC: 上期で▲2億円。下期も下がると、予算比で▲4億円程度の足を引っ張る可能性

150億円に向けては、やはりマガロ同盟の結果次第かと思います。

5.利益面はどうか?

  • 営業利益が試算すると、だいたい3.3億円
  • 下期は粗利率が5%くらい上がるので、下期の営業利益が7億円
  • 通期で、営業利益10億円くらい。純利益が7億円。

6.株価と時価総額はいくらが妥当か?

  • 純利益が7億円とすると、現在の時価総額210億円は、ちょうどPER30倍で、適正価格と言えそうです。

更に今後の伸びを織り込みに行くと思うので、時価総額300億円くらいまで一旦跳ねる可能性もありますが、本質的内在価値だと、今の株価くらいが適正かと思います。

ただし、まだMISUZUの連結や、マガロ同盟のインパクト、他にも仕込んでいるプロジェクトNOAHがあるので、この先どうなるか?はよくわかりません。とりあえず、株価1600円くらいになれば間違いなく「買い」であり、今の株価1900円台は、妥当な価格なので買い増しはせず、現状維持のままで行きたいと思います。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です