ロコンドの2018年12月の月次受注高が発表されたが、大きく減速?

ロコンドの2018年12月の月次受注高が発表されました。

受注高(キャンセル・返品前): 14.6億円

  • locondo.jpの受注高成長率: +57%
  • EC事業全体の受注高成長率: +50%

過去の月次の推移と見比べてみました。

  • 3月:10.9億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 4月:11.7億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 5月:12.8億円(EC全体+38%、.jp:+47%)
  • 6月:11.7億円(EC全体+45%、.jp:+52%)
  • 7月:13.3億円(EC全体+46%、.jp:+52%)
  • 8月:11.0億円(EC全体+60%、.jp:+69%)
  • 9月:13.1億円(EC全体+49%、.jp:+59%)
  • 10月:15.3億円(EC全体+62%、.jp:+70%)
  • 11月:15.7億円(EC全体+61%、.jp:+61%)
  • 12月:14.6億円(EC全体+50%、.jp:+57%)

受注件数と新規、既存の成長率も見てみます。大きく減速しているように見えますね

  • 10月:受注件数成長率+81%、(新規受注:+109%、リピーター受注:+72%)
  • 11月:受注件数成長率+80%、(新規受注:+118%、リピーター受注:+69%)
  • 12月: 受注件数成長率+72%、(新規受注:+85%、リピーター受注:+67%)

田中社長は、12月は買い控えが原因だと言っています。もちろん一部にはその影響はあるのでしょうが、一方で本質的に成長鈍化している可能性も否めません。なかなか強気のホールドをしにくい数字になったことは間違いありません。

株価1400円をどう考えるか?

  • ポジティブな意見
    • +50%で成長していれば、他の会社に比べれば十分な高成長
    • 仮に今年度の目標150億円を達成できないとしても、高成長してきたことは間違いなく、1年前と比べて株価は30%~40%上がっただけであり、割高ではあることはありえない
  • ネガティブな意見
    • このまま成長が鈍化すれば、成長戦略の見直しが不可欠
    • 事業の先行き不透明感から、もっと売られる可能性あり

まあでも、20%成長とかに減速すれば、完全に諦めますが、40%以上で成長している限りはホールドしようかなと思います。

ロコンドのまとめ記事はこちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です