現在の企業分析から見る投資戦略

1.結局、事業の本質的価値と今の時価総額=株価を比べて、とても割安であれば買えば良いのですが、この本質的価値を試算するのが、そんなに簡単ではありません。少なくとも、時間がかかりますので、そんなに多くの会社はできません。

  • でもバフェットは、専業投資家なので、毎日、企業分析をやりまくったのでしょうね、、。それはそれで、正しい行動ですね。
  • 現状はマーケットの状態が悪くはないので、たぶん、割安銘柄を探すのも比較的大変な時期かもしれないです。

2.ということで、日々記事を読んだりブログを読んだりしながら、目に付いた以下5社を最近分析してみました。

  • ロコンド
  • みらいワークス
  • サイボウズ
  • サン電子
  • ドリームインキュベータ(DI)

3.現時点の見立ては以下です。

  • ロコンド: とても将来性のある企業。1000円台はすごく割安だった。現在1500円台だが、押し目でぜひ拾いたい。
  • みらいワークス: 3年で2倍の成長スピードであり、現在のPERが70倍近いので、どうやらたいして割り安ではない。長期で持っていれば、上がるとは思うが、、。
  • サイボウズ: 550円まで落ちれば比較的割安。少し仕込んで放置するのはあり
  • サン電子: ファンダメンタルは上昇基調だが、大きな伸びは見込めない。AR/VRの話題性で短期的に1.5倍や2.0倍になる可能性アリ
  • ドリームインキュベータ(DI): 業績は伸びているのに株価は最低付近にいるため割安。

4.上記を踏まえて、以下が私の投資戦略になります。仮に100を投資するとして、

  • ロコンド: 押し目がどのくらい来るか?次第だが、50は入れておきたい
  • みらいワークス: ゼロ
  • サイボウズ: 550円を切ったら10を投下
  • サン電子: 遊びで5を入れるかどうか?
  • DI: 今が最安値と思われるため、40くらい入れる

どうやら、ロコンドとDIに50:50か、ロコンド60、DI40くらいが良さそうです。

5.もう1つ難しいのが、キャッシュポジションをどのくらい残しておくべきか?という問いです

  • 来年くらいにバブルがはじけて、また大きくマーケットが下落する、という声があります。
  • タイミングはわかりませんが、右肩上がりで長い期間上がりすぎているため、さすがに2020年くらいまでには天井打ちそうだなとは思っています。
  • だとすると、キャッシュポジションを半分程度は残しておきたい、ところです。
  • 更に、下がる可能性がとても低い銘柄にだけ、お金を入れておくことで、仮に20%下がったとしても、資産全体は▲10%で済む、ような形にしたいですね。

6.ということは、仮に1000万円あったとすれば、

  • キャッシュに500万円
  • ロコンドに300万円
  • DIに200万円
  • くらいでしょうか、、。

7.最後に、もう一度、ロコンドとDIの期待値を自分の直感交えて考えてみようと思います。

  • ロコンド:1500円になってしまったので、1400円台に下がったらという前提のもとで。
    • ダウンサイドリスク:▲20%くらい
    • アップサイド: 上限は5倍くらいまで行く
  • DI: 今が最安値ラインなので。
    • ダウンサイドリスク: ▲10%くらい
    • アップサイド: 3倍くらいかなあ。

ロコンドとDIは、7対3でも良いかもしれない、、。この辺の判断が難しいところです。

投資・資産運用に関して興味のある方こちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です