企業分析:ドリームインキュベータ

おもしろい企業を見つけました。ドリームインキュベータです。これは、今の株価と本質的価値に乖離があり、割安だと思います。

1.まず、どんな企業か?

大きく2つの事業をやっています。

  • 戦略コンサル事業: 年間売上30億円ちょっと。営業利益で10億円くらい出している
  • 投資事業: VC(venture capital)もPE(Private equity)も両方やっている

2.現在の株価はどのくらいか?

  • 2015年以降、株価は最低ラインを2000円くらいにして、上がっては下げ、上がっては下げの繰り返し
  • でも、2000円を切ったことは6回くらいしかなく、最低価格が1656円。
  • 要は、下がっても、▲15%くらいまで、と考えられます。
  • もちろん、マーケットがクラッシュしたり、業績が大きく悪化すれば、別ですが、、。

3.では、業績はどうなのか?

  • 結論、伸びていると思います。特に、投資事業が。具体的には以下です。
    • アイペット: 4月に上場。時価総額220億円。DIの持分が60%強あるので、これだけで130億円の価値
      • 但し、たぶん成長率20%で、PERは70倍くらいありそうなので、割高。実際は150億円くらいの価値が妥当かな、。
      • だとしても、90億円の価値はある
    • ボードウォーク: 電子チケットサービスの会社。会員数が650万人で日本No.1のようです。
      • あむろなみえの最終コンサートのチケットも扱っており、消費者への浸透率の高さから有望な事業と思います。
      • 価値はわかりませんが、それなりの事業価値があるはず
      • 出資時は22%保有。仮に希薄化して半分残っても10%。最低でも数十億円の価値はありそう。
  • 他にも、数社はあきらかに、価値があります。
    • LTS: 時価総額75億円で、16%ほど保有。すなわち10億円以上の価値
    • ZMP: これは0.7%だけ保有。仮に、時価総額500億円だとして、3.5億円の価値
    • などなど
  • コンサル事業は横ばいか微増くらいです。

4.本質的事業価値はどのくらいあるのか?

  • コンサル事業が、営利10億円、税引き後利益が7億円だとして、成長せずにPERが7倍だとしても、最低50億円は価値ある。
    • 50~100億円くらいは価値あるかな
  • アイペット: 90~130億円
  • ボードウォーク+LTS+ZMPだけで、50億円程度
  • その他は、投資した金額のままだとして、期待値で数十億円
  • 合計で、最低でも、200億円以上、上限は軽く300億円以上になるかと思います。

5.結論

  • 今の時価総額が210億円
  • 本質的事業価値は、低く見積っても200億円以上。たぶん300億円くらいはあるし、upsideはVCなので大きい
  • また、IRにエース証券のレポートが載っていますが、これだと現在の事業価値で350億円+ボードウォークになっていますね。

ということで、現在の株価は、とても割安だと思います。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です