クラウドワークスの2019年第2四半期受注高を見積ってみました。

クラウドワークスも5月14日に第2四半期の決算発表を行います。株価はこの1ヶ月でかなり下がっており、買い時だと思います。GW明けに成り行きで買おうと思います。さて、第2四半期の受注高を簡単に推定してみました。

1.まず、新規の流入をグーグルトレンドで確認します。

  • この2年ほど、ほぼ横ばいです。若干ですが、弱含んでいる気もしますが、まあこんな感じでしょう。

2.次に既存のリピート率ですが、これはIR資料を見るとわかりますが、かなりの既存顧客が残存しています。

  • 普通に考えるとこのトレンドは崩れていないと思うので、やはり1年後だと8~9割が残存しそうです。

3.ということで、第2四半期も40%程度の成長率は担保できそうです。

  • 少なくとも、第1四半期が49%の成長率を出しているので、前期で40%は固いです。第2四半期が30%でも平均して40%になるので、、。
  • 広告投資を抑えてくると思うので、第2四半期35~40%ちょうどとか、そんなでしょうかね、前期トータルで40~45%くらいは出してくると思います。
  • ただ、第2四半期の成長率が40%切るかどうかは、重要です。一方で営業利益のプラスも維持したいので、ギリギリだとどっちを取るか?わかりませんね、、。まあ、通期黒字であれば良いので、多少の赤字でも成長率を維持してくる気がしますね、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です