2018年度Q4のアカツキの決算を推定してみる(その②)

前の記事で、アカツキのQ4の数字を考えてみましたが、PERや株価に踏み込んでいなかったので、続きを考えてみようと思います。

1.まずは昨年の数字のおさらいです。

  • 昨年のQ4は、売上59億円、営業利益26億円、純利益4億円。
    • 特別損失を14億円程度計上しています
  • 昨年のQ1~Q3合計は、売上160億円、営業利益79億円、純利益57億円
  • 昨年の通期合計は、売上219億円、営業利益105億円、純利益61億円です。

2.今年のQ1~Q3の数字を見ると

  • 売上186億円、営業利益83億円、純利益58億円
  • 昨年とほぼ同じペースです

3.では、今年のQ4の数字はどうなるでしょうか?

  • ゲーム事業だけを見てみると、
    • 2017年Q4: セルラン150億円、ゲーム売上60億円、ゲーム営業利益36億円
    • 2018年Q4: セルラン200億円、ゲーム売上70~80億円、ゲーム営業利益45億円、くらいは行くでしょう
  • さらに、これは国内だけの数字でして、海外ゲームは去年より大きく伸びているので、もっと行くはずです
    • 昨年の国内: 145億円、YOY+72%
    • 昨年の海外: 74億円、YOY+139%
    • 去年で言うと、だいたい国内が3分の2、海外が3分の1ですね。

4.2018年の通期予想は、かなり保守的に見ても、

  • 売上260億円、営業利益130億円、純利益85億円

5.減損リスクは少ないと思いますが、唯一リスクがあるのは投資有価証券の14億円です。

  • 仮に、投資有価証券が半分減損したとして、▲7億円の純利益の毀損
  • これで、純利益78億円かと思います。

6.予想株価とPERはどうなるか?

  • 現状が、株価6550円、時価総額910億円。去年の純利益61億円で考えるとPER15倍
  • 純利益が78億円あるとすれば、PERは11.7倍
  • 減損なしで純利益85億円なら、PERは10倍ちょっと

PER15倍くらいになってもおかしくはないので、3月15日に純利益85億円が発表されれば、時価総額は1275億円まで上がっても良いと思います。今のちょうど+40%。株価で言うと、9170円。9000円越えですね。

これでも、保守的な予想なので、やはり株価9000円くらいが適正価格と考えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です