成長株投資法のチャート分析から見たドリームインキュベータ

ドリームインキュベータも、チャート分析の視点から考察してみようと思います。

1.まず、週足で過去4年くらいを見ると、1800円くらいで下値抵抗線があるように見えます。

  • 少なくとも、過去2年に限れば、1800円を割ったことはありません。
  • 先日の、10月19日がある意味、下値をブレイクしています。
  • でも、これで見ても、下ひげを長めにつけているので、1900円くらいで下値抵抗線がありそうです。

ということで、一旦はホールド。もし仮に、1800円を切ることがあれば、即座に損切りした方が良さそうです。

2.この半年の日足を見ると、右肩下がり。

  • 普通は右肩下がりのトレンドでは買わない。但し、上で見たように下値抵抗線があると信じている
  • また、この3ヶ月くらいはボックスの横ばいだったのが、先週下値ブレイクしたため、右肩下がりにより見える状況
  • ボックスの保ち合いの上下動の幅も、少しだけ狭まっているような気がしなくもないが、、。

3.先週から出来高が上がってきている。

やはり、決算発表も近いし、ここから上昇してくれることを願います。

決算を跨いで、1800を割れば、損切り、うまく行けば高値にブレイクアウトしてくれるはず。という見立てです。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です