スーパーストック発掘法とは?

ジェシー・スタインのスーパーストック発掘法を読みましたので、メモを書きます。

1.チャートは、ストーリーが一般大衆に明らかになる数ヶ月前、あるいは数年前に全貌を語ってくれるため、市場が提供してくれる最もパワフルなチャートパターンを辛抱強く探すことが重要

2.大成功するファンダメンタルズを探し始めるのは、大成功するチャートパターンを見てからである。この逆は自殺行為

3.チャートパターンを分析するときには私は週足チャートを見る。ビッグウィナーは日足パターンよりも週足パターンに従う傾向があるから。機関投資家は売買の判断を週足パターンを見て行う

4.私たちが見つけたいのは、狭い値幅で長期にわたって横ばいが続く銘柄である。この退屈な動きは感情的な短期トレーダーたちを一掃する。残った投資家は長期のファンダメンタルズに偏った投資家たちで、彼らはすぐには売らない。

5.強力なベースが形成されると株価はそれ以上に下がることはなく、リスク・リワードはあなたに有利な方向にゆがめられることが多い

6.これまでのビッグウィナーの90%は出来高が増えた最初の週に30週移動平均線を上方にブレイクアウトしている

  • 最初のブレイクアウトで30週移動平均線を上回らない株は、30週移動平均線が抵抗線となって株価は下落することが多い

7.クリーンなチャートが良い。ほとんどが小型株だが、チャートの動きが激しく、大きく乱高下するものもある。こうした株はまったく予測不可能で、私たちもそれほど注目しない

8.ほとんどのスーパーストックはマジックライン=つまり10週移動平均線に少なくとも10週から12週に1回到達する。株価が下がってこのラインに達するか、ベースにいてラインが近づいてくるかのいずれかだ。株価がマジックラインに達すると、大部分のスーパーストックは再び上昇し始める。最良の株はマジックラインに達したあと4~6回高値を更新し、そのあと上昇が止まる

9.変動費比率が低い会社。売上が上がれば、利益が飛躍的に伸びるから

10.儲けさせてくれる株の多くは素晴らしい決算発表から2~3週間あってから優れたローリスクの仕掛けを提供してくれる

11.モメンタム株はブレイクアウトから数ヶ月以内に50日移動平均線または10週移動平均線に達する。最初のブレイクアウトから数ヵ月後に、株価が50日移動平均線を50%上回っていたら、すぐにそれよりもはるかに安く買える可能性が高い。最悪の場合、50日移動平均線が1ヶ月かそこらで上昇すれば、今の価格の近くで買うことになる。

12.ひと財産築くために、バフェットは数少ない銘柄に集中的に投資したときがあった。一時など、バークシャーのポートフォリオの40%がアメリカンエクスプレスに投資された。彼が投資を始めたときは集中度がこれより大きいときもあった

13.全てが自分に有利な状況のときに買うことだ。買うことを決める前に、うんと悩むが良い。そしたらあとは株に任せるだけだ。売りシグナルが出るまでけっして売ってはならない

14.ビッグウィナーは上昇過程で何回かマジックラインに接触する。株価がマジックラインを100%上回ったら、次のうちの1つが起こる可能性が高い。①株価が完璧に崩壊する、②事が落ち着くまで数ヶ月間忍耐強く待っていると、そのうちマジックラインが追いつく。いずれにしても、利食いする絶好のチャンスだ。

15.ビッグウィナーの多くは最初のブレイクアウトから9ヶ月から15ヵ月後に下落し始める。これはかなりの期間だ。9ヶ月過ぎてもウィナーを保有し続けるときには注意が必要だ。なぜだか分からないが、9ヶ月経ったら何かが起こるのだ。

16.ピラミッディングはやるな。数ヶ月かけて利益が初めて100万ドルの大台に乗ったというのに、リスクがリワードを大幅に上回ったときに天井近くで増し玉したため、わずか1日でその全てを失った

  • これは、ピラミッディングをやらないロジックとしては弱い。

17.究極の判断基準となるチャートは、週足チャート

18.トレーダーたちは、興奮が絶頂に達するブレイクアウトで買えと教えられる。しかし、ブレイクアウトの多くは失敗するため、ブレイクアウトの「追跡者」は損切りせざるを得なくなる。

19.最良の仕掛け機会が発生するのは、退屈(出来高が少ない)と低いボラティリティ(価格レンジが狭い)がこれらのマジックラインと交差するときである

20.「ブレイクアウトのみで買え」は違う。私のビッグウィナーは、大きな注目を浴びた「ブレイクアウト」よりも後の、価格がかなり下がったローリスクの買いだった。誰もが「ストップアウトに引っかかって」損をしたときに買え

オニールやミネルヴィニの投資法ととても似ているというか、彼らの投資法をベースに、自分なりのアレンジを加えた投資法だと思います。なかなか完全には理解できないので、何度も読み込もうと思います。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です