SECカーボン2018年第1四半期決算発表

SECカーボンも決算発表がありました。ここは4月スタートなので、まだ第1四半期です。まずは結果から、

  • 売上:78億円、営業利益35億円、四半期のEPSが619円です。
  • ちなみに、元々の上期の予想が、売上153億円、営業利益48億円でした。
  • 通期予想は、売上298億円、営業利益82億円、EPSが1608円です。

今回の決算数字のどこが素晴らしいか?

  • 黒鉛電極の営業利益は、少なくとも7~9月は4~6月よりは高くなるはずです。なぜならば電極価格は上がっているので。
  • ということは、元々の上期の営業利益予想48億円は、保守的に見積っても第1四半期が24億円だったはず。
  • これが、24⇒35億円にはねました。上方修正の比率で行くと、40%以上です!

では、通期の営業利益はどのくらいまでいく可能性があるのか?

  • 楽観シナリオ:
    • 他のカーボン3社は、下期の黒鉛電極の利益は上期を超えています
    • SECだけ4月スタートで既に黒鉛電極価格が高い所からスタートしているので、下期の上昇幅は少なめ。10%と仮定しましょう。
    • それでも、上期が35×2=70億円、下期は77億円くらいにはなるので、147億円の営業利益。実際は楽観シナリオはもっと行くでしょう。
  • 中間シナリオ:
    • 35億円が、4四半期連続で続くと、140億円
  • 保守的なシナリオ
    • 35億円が上期は続き、70億円
    • 下期は、黒鉛電極価格は1年固定契約で価格は上がらず、ニードルコークスの価格が上がり、黒鉛電極の利益が減少
      • もともとの予想は会社全体で上期48億円⇒下期34億円なので、その比率を仮で使うと、70億円⇒50億円
    • でも、保守的なシナリオでも営業利益で通年120億円は行きそうです!

カーボン各社や、黒鉛電極価格に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です