2019年1月と2月の失敗から考える自分の投資手法について

昨年12月から今年の2月までの3ヶ月で▲400万円くらい凹みました。この失敗からの学びをきちんと考えてみたいと思います。

1.まず、確実に営業利益や売上が+数十%で伸びる銘柄にする

  • これは、比較的簡単に選ぶことができる

2.一方で割安か?割高か?はなかなかわかりにくい

  • マーケットが下がると、個別銘柄も必ず下がるため、個別銘柄の底値というのは本当に見えない
  • そうすると、やはり下がるリスクというのは必ずあり、それにどう対処するか?が問題となる

3.下がるリスクにどう対処するか?

  • ①下がっても上がると信じて持ち続ける
    • このためには、下がる期間を短くするために、成長率の高い企業を選びたい。ということで1番が重要
    • 下がってしばらく塩漬けになっても問題ない金額にしたい。これがやっぱり資金の10%くらいまでか
      • だとすると、15%投下した場合は、3分の1の5%だけ損切りするのが良いかもしれない。
  • ②▲10%下がったら、損切りする
    • これをやりたいが、ボラティリティが大きい銘柄は、頻繁に損切りが発生してしまう
    • ボラティリティの小さい銘柄に絞るべきか?
  • ③そもそも下がらない銘柄を選ぶ
    • これがマーケット理由もあり、なかなか難しい

4.ミネルヴィニのやり方は、やはりとても秀逸である。なぜかと言うと

  • まず、買いのタイミングを上がる瞬間に置くため、基本は含み益からスタートする
    • この買いのタイミングを掴むこと自体が、経験と専業投資家ならではのモニタリング量との両方が必要だが
  • ボラティリティの低い銘柄を選ぶ
    • これにより、変に下がることはない
  • 下がったら、すぐに損切りする

本当に最高のやり方の1つだと思います。

5.上記のやり方が難しい場合、どうすべきか?

  • 基本は一定の含み損に陥る覚悟を持って、それを前提とした投資スタイルとなる
  • だとすると、やはり金額を抑えることで、精神的不安を最小化して、持ち続けるしかないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です