ロコンドの月次の進捗(2018年9月まで)

ロコンドは月次で受注高を開示していますが、計画と比較してどのくらいの進捗なのか?を決算発表前に確認してみました。

1.受注高の進捗(キャンセル・返品前の数字)

  • 3月:10.9億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 4月:11.7億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 5月:12.8億円(EC全体+38%、.jp:+47%)
  • 6月:11.7億円(EC全体+45%、.jp:+52%)
  • 7月:13.3億円(EC全体+46%、.jp:+52%)
  • 8月:11.0億円(EC全体+60%、.jp:+69%)
  • 9月:13.1億円(EC全体+49%、.jp:+59%)

極めて順調に推移しています。

2.2019年2月期の取扱高ターゲット150億円に対する進捗も見てみました。150億円の内訳は?

  • Locondo.jp: 96億円(+40億円: Organic growth: +17億円、CM効果+17億円、マガロ同盟によるマガシーク在庫販売+6億円)
  • Locomall: 23億円(下期:+6億円は、マガロ同盟によるマガシーク、d-fashionでの売上増)
  • BOEM: 16億円(+6億円は、既存の成長と新規)
  • LOCOCHOC: 11億円(前年並み)
  • その他: 4億円(+3億円)

3.2019年2月期のQ1の進捗は?

  • 合計は30.3億円で計画通り。内訳は以下
    • Locondo.jp: 20.2億円(前年比+50%)
    • Locomall: 4.6億円(前年比+7%)
    • BOEM: 3.0億円(前年比+50%)
    • LOCOCHOC: 2.2億円(前年比▲27%)

4.2019年2月期のQ2の進捗は?

  • 月次で発表している受注高から推定するに、Q1進捗+1億円弱くらいで、完全に計画通り
  • 上期は、受注高の合計が61億円程度で、計画の60億円と完全にon trackです。

5.下期は計画達成できるのか?

  • LOCOCHOCはQ1並みとすると8億円になるため、計画比▲3億円
  • BOEMは、Q1並みとすると+50%はいくので、15億円で計画比▲1億円。但し、下期はもっと増えると思うのでLOCOCHOCの減少を打ち消すと想定

だとすると、やはりポイントはLocondo.jpとLocomallだが

  • Locomallは、前年比+6億円なので達成可能と思われる。下振れしてもせいぜい▲2~3億円

そうすると、全てはLocondo.jp次第。

  • 上期は40.5億円程度と思われ、完全に計画通り。
  • 下期が56億円必要。うち、+6億円はマガロ同盟なので、靴だけで50億円必要。
  • 昨年の下期がちょうど30億円なので、+66%成長が求められている。
  • ちなみに上期は+50%成長であるため、やはり下期はLocondo.jpの成長率を上げていく必要。
  • 9月が下期の最初の月だが、その実績だと+59%。ただし、これは台風などのネガティブ影響があるようなので、ほぼ計画通りとも見なせる。

今のところ、ほぼ計画通りだが、逆に言うと一切の余裕はなく、毎月の月次の積み重ねが非常に重要となる。

それにしても、計画と実績の差分が今のところ非常に少ないのが脅威的ですね。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です