ロコンドの2018年11月の月次受注高が発表され、最高値更新!

ロコンドですが、先月に続き、なんとか最高値を更新してきました。

  • 受注高(キャンセル・返品前): 15.7億円
  • locondo.jpの受注高成長率: +61%
  • EC事業全体の受注高成長率: +61%

過去の月次の推移と見比べてみました。

  • 3月:10.9億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 4月:11.7億円(EC全体+38%、.jp:+44%)
  • 5月:12.8億円(EC全体+38%、.jp:+47%)
  • 6月:11.7億円(EC全体+45%、.jp:+52%)
  • 7月:13.3億円(EC全体+46%、.jp:+52%)
  • 8月:11.0億円(EC全体+60%、.jp:+69%)
  • 9月:13.1億円(EC全体+49%、.jp:+59%)
  • 10月:15.3億円(EC全体+62%、.jp:+70%)
  • 11月:15.7億円(EC全体+61%、.jp:+61%)

さて、キャンセル率6%+返品率を22%で、キャンセル+返品率=28%くらいと仮定すると、

  • 15.7億円 X 72%= 11.3億円

必要な数字に行くのでしょうか?

  • EC事業で、通年で119億円必要(残り31億円は、BOEM:16億円、LOCOCHOC:11億円、その他:4億円)
  • 上期の数字が約51億円
  • 下期は、68億円必要
    • 9月: 9.4億円= 13.1 X 72%
    • 10月: 11.0億円= 15.3 X 72%
    • 11月: 11.3億円= 15.7 X 72%
    • 3ヶ月合計: 31.7億円
    • 残り3ヶ月で、36.3億円必要。月12.1億円ペース

だとすると、11月並みの数字をあと3ヶ月連続で実現しても、2~3億円不足します。なので、BOEMかLOCOCHOCで積み増ししないと、不足しそうですね。まあ、数億円の差ですけど。たぶん、150億円はいかず、145億円くらいで着地するリスクがありますね、、。

さらに、受注件数と新規、既存の成長率も見てみると、これはとても順調ですね。

  • 10月:受注件数成長率+81%、(新規受注:+109%、リピーター受注:+72%)
  • 11月:受注件数成長率+80%、(新規受注:+118%、リピーター受注:+69%)

まあ、結論としては、150億円は少し微妙だが、それでもYOY+60%のペースで伸び続けているので、とても有望であるという感じかな。

1800円くらいまで下がったら、ぜひ買いたい感じです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です