現時点の投資戦略:期待値が大きくプラスである銘柄を買う

過去1年、いろいろな投資の本を読み、適度に実践し、学びと反省を得てきました。この3ヶ月くらいで漸く自分の投資戦略が明確になってきたと思うので、その考え方を徒然なるままに書いてみたいと思います。

1.最も買いたい銘柄は、値下がりリスクが小さく、値上がりによるリターンが非常に大きいもの、即ち期待値が大きくプラスである銘柄

  • 値下がりリスクが小さいとは、
    • ①価格が下がってもせいぜい▲10~20%程度
    • ②そもそも価格が下がる確率は、50%より低い。例えば20%とか30%くらい
  • 値上がりのリターンが非常に大きいとは
    • ①逆に、価格は数倍にも10倍にもなり得る
    • ②そして、数倍になるかは別として価格が上がるであろう確率は80%くらいある
  • こういう銘柄であれば、明確に期待値は大きなプラスになるわけです。

2.株式投資はハイリスク、ハイリターンでは必ずしも無い。ローリスク、ハイリターンを実現できる

  • 株式投資はハイリスク、ハイリターンと言われています。
  • 実際僕もなんとなく、高いリスクを取らずに高いリターンは望めないような気がしていました、、。
  • これは完全に、世の中の刷り込み効果です。
  • 実際は、ローリスクでミドルやハイリターンが狙えるのだということがバフェット関連の本を読んでよくわかってきました。
  • まさに上記1で書いたような銘柄さえ探し出せれば、ローリスクハイリターンの確率が非常に高いです。

3.では、どうやってローリスクの銘柄を探すのか?

  • なんとなく、いくつかパターンがあると思っています
    • ①純資産が、時価総額と同じくらいはある。しかも業績は伸びてきている
    • ②赤字で株価が落ち切っており、そのあと業績は回復傾向にあるが、株価はまだまだ横ばいが続いたまま
    • ③利益見通しを2倍とか3倍に一気に上方修正したが、株価はそこまで一気には上がらず、半分疑心暗鬼で織り込み切れていない。もしくは、2倍とか3倍に利益見通しを上げたがそれがまだ保守的で実際は、3倍や4倍に行く可能性のある銘柄

ポイントは既に下げきった価格、もしくはまだ上げきれていない価格にも関わらず、業績は更に伸びている、という銘柄です。

業績が伸びなくても下げきった価格であればこれ以上は下げなさそうなのに、更に業績が伸びているなら安心であろう、という考え方です。

もしくはまだ織り込みきっていないから普通に考えると下がるどころか上がるであろうに、実際の業績は更に予想を超えるであろうと自分の分析で信じられるものも、さすがにこれ以上は下がらないだろうと、思えます。

①はドリームインキュベータ、②はロコンド、③はSECカーボンや昭和電工、です。②と③は既に検証済みです。①だけはまだ自分で実績は出していないので、今検証中という感じです。

4.更にUpsideが非常に大きいもの

  • これはもう、利益が一定期間で一気に伸びそうか?につきます。
  • SECカーボン、昭和電工は1年で数倍やそれ以上に
  • ロコンドも、3年で10倍にすると
  • ドリームインキュベータは、ベンチャーキャピタル事業次第ですが、2年くらいで数倍になっても全然おかしくありません。

こういう銘柄を半年から2年くらい持って、最低50%アップ、できれば数倍アップを狙いたいところです。

しかも、ダウンサイドは▲10%とかせいぜい▲20%に留めつつ、、。

5.更にダウンサイドのリスクをどうやってもっと減らすか?

  • 上記3で書いたローリスク銘柄であれば、そんなにダウンサイドリスクはないはずですが、いくつかリスクがあります。
    • A: 自分でやった分析が間違っていた
    • B: 該当企業が不祥事をおこした
    • C: マーケットの市況がものすごく悪化した

Aは、自分で気をつけてミスを無くすことで、リスクは限りなく減らせると思います。

Bは、もう仕方ないですね。事故です。5銘柄くらいに分散するのと、不祥事が起きたら即損切りするしかありません。

Cは、なんとか、プットオプションを買うことで保険をかけて、一定の保険料は掛け捨てになるが、大きく損するリスクは減らせるようにできればなあと今、実験中です。

6.どうやって、自分の条件に合う銘柄を効率よく探せるのか?

  • これがまだわかりません、、、。

全体的にやりながら、改善を重ねていければと思っています。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です