ミネルヴィニ成長株投資法によるチャート分析で買うタイミングを測る

1.ロコンドの例

  • 今年の5月から9月までのチャートの形が、カップwithハンドルです。
  • そして、実際に、9月月初から急騰しました。
  • また、11月の中旬あたりも、なだらかに下がりながら売りが枯れていきました。そして、この1週間で20%ほど上げました。
  • このあたりは、ミネルヴィニの書籍に書いてある注目ポイントと同じです。

2.イーブックイニシアティブジャパンの例

  • この11月終わりの形が、カップwithハンドルです。
  • だましになる可能性はまだありますが、上がる可能性のあるチャートなので仕込みたいですね。

3.ハウスドゥの例

  • チャート的には明確に下げ止まって、上げてきました。面白い形ですね。
  • そして出来高が、11月30日は少ないです。
  • もう数日、だらだら下げつつ、出来高が減少していけば、良いセットアップになる可能性あります。

ハウスドゥは、ファンダメンタルを見ておらず、チャートしか見ていないので、今からファンダメンタル分析をしてみようと思います。

4.ドリームインキュベータの例

  • ミネルヴィニの言うところのVCPに近いチャートパターンです。
  • そして、直近はミニカップwithハンドルにもなりうる形。
  • 少し、モニタリングを続けてみたいですね。

以上、チャートを見てみました。

やはりファンダメンタルだけだと、買うタイミングを掴めません。チャートの形から動向を読んで、適切なタイミングで買いに入れるようになりたいです。しばらく、練習して行こうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です