黒鉛電極のカーボン各社向けの投資戦略

備忘録として、自分の売買用にカーボン各社の株価とPERと自分の売買目安の金額を書いておこうと思います。

まず、現在の株価とPER。2018年8月11日時点。

  • 日本カーボン: 6740円、8.8倍
  • 東海カーボン: 2039円、5.9倍(但し、特別利益除いたPERは、8.35倍)
  • 昭和電工: 5580円、7.2倍
  • SECカーボン: 17,920円、PER11.0倍

自分で保守的に推定したEPSとPERから考える適正株価が以下。前の記事より、自分用に保守的にしています。

PER 7 7.5 8
日本カーボン 5,390 5,775 6,160
東海カーボン 1,708 1,830 1,952
昭和電工 6,215 6,659 7,103
SECカーボン 17,281 18,515 19,749

以下が、スマートフォン用に分けた続きです。

PER 8.5 9 9.5
日本カーボン 6,545 6,930 7,315
東海カーボン 2,074 2,196 2,318
昭和電工 7,547 7,990 8,434
SECカーボン 20,984 22,218 23,453

赤字が私が考える適正株価です。

これだけ見ると、今から「買い」なのは唯一昭和電工だけ、ですね。

昭和電工は既にある程度保有していますが、もし株価が下がれば更に買い増そうと思います。他も上記の適正株価より最低10%以上下がったら、買いを検討しようかと思います。

  • 日本カーボンで6000円
  • 東海カーボンは1850円
  • SEカーボンは16500円

くらいが買いを検討するタイミングでしょう。なかなかマーケットは精度が高いですね。なぜか昭和電工だけが株価が上がっていませんが。逆に自分が何かを見落としているのだろうか、、。

カーボン各社や、黒鉛電極価格に興味のある方はこちらの記事ご覧ください。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です