2018年下期の黒鉛電極価格のアップデート

黒鉛電極の価格について、2つほど新しい情報が出ましたので、備忘録として書いておきます。

1.昭和電工の決算説明会のQ&Aのコメントより

  • 電極の価格動向は、2017 年平均⽐で上期実績は 3 倍強、下期が 4 倍強、原料 NC 市況の倍率は電極を若⼲上回るが、スプレッドの絶対額では下期に拡⼤する
    • スプレッドが拡大するとのことなので、確実に営業利益の額が、上期より増えますね、、。
  • 更に、供給キャパについても、数%なら1年以内に可能だが、新工場は3年はかかる、とのこと
    • デボトルネックは⽐較的短期間で実施できるので、競合他社含め平均数%程度の検討はしているだろう
    • ⼯場新設には 3 年程度かかるが、デボトルでは半年〜1 年程度だ

2.生産動態統計の確報が出て、6月の実際の販売価格が出ました

  • 1トン当たり、ちょうど100万円くらいでした

今年の営業利益が良いのはほぼ確定。決算発表の数字はQ3もQ4も間違いなく良いでしょう。特に昭和電工は確実に上方修正しますね。ただ、それでも20%前後の上方修正だと思うので、どこまで株価が上がるか?はわかりません。来年の利益も今年を上回る可能性が高く、其の場合は最初から高めの予想を出す東海カーボンが買いですね。Q4決算前にPERが今と同程度に低ければ、東海カーボンを買うことを検討するのが良いかもしれません。

カーボン各社や、黒鉛電極価格に興味のある方はこちらの記事ご覧ください。

投資・資産運用に関して興味のある方こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です