東海カーボン2018年通期決算発表レビュー

東海カーボンも決算発表が出ました。

1.第4四半期の結果は?

  • 売上760億円、営業利益233億円。すばらしい数字ですね。

ですが、第3四半期と比較すると、ほぼ横ばいです。

  • Q3: 売上637億円、営利228億円
  • Q4: 売上760億円、営利233億円

黒鉛電極の価格は上がったが、ニードルコークスの価格も上がり、差益は維持ということでしょうか?

たしか2019年から新しい価格スキームだったはずなので、2018年10~12月期がこうなったのは偶然なのか?それとも意図した結果なのか?はわかりませんが、、。

2.2019年通期の予想は?

  • 売上: 3227億円
  • 営業利益: 987億円
  • 純利益: 661億円

純利益で見ると前年比▲10%というのが、見た目が悪いですね。実際は特別利益で前年度がかさ上げされただけなのですが、、。

事業内容はとても素晴らしいですが、株式市場がどう反応するか?はわかりません。

増配して利回りも3%弱になりました。PER5.2倍。まあ、今の株価が適正な気もしますし、今の1.5倍くらい上げてもおかしくない気もします、、。わからない銘柄には手を出さない方針なので、横から見守っておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です