2019年1月の黒鉛電極価格とニードルコークスの価格

2019年1月の黒鉛電極の価格と、ニードルコークスの価格を調べてみました。

1.黒鉛電極の価格

  • まず、2018年11月の価格の実績が、生産動態統計より1トン当たり133万円
  • 昭和電工の決算発表で、1月は11月より価格が上がっていると言っている
  • 東海カーボンは販売価格を、1トン1万4千~1万5千ドルに設定して交渉中と前に記事がありました。

すなわち、だいたい150万円~というのが黒鉛電極の価格と思います。

値上がり価格は17万円~という感じです。

2.ニードルコークスの価格

  • 11月時点で、ニードルコークスは1トンあたり4000ドル、44万円ほどでした。
  • この1月から、30%ほどニードルコークスが値上がりという記事が鉄鋼新聞に先日出ました。
    • 電炉用電極の原料価格が一段高、年明けから30%超上昇

30%超とありますね。だとすると、44万円⇒58万円くらいになったのでしょうか?

だいたい14~15万円の値上がりです。

3.だとすると、黒鉛電極の利益は?

  • ニードルコークスの価格アップはほぼ丸ごと、黒鉛電極の価格に転嫁できているようです。
  • 一方で、ほぼ同じくらいの値上がりなので、利益は2018年の10~12月期と同レベルと思います。
  • まあ、多少増益という感じでしょうか?

2018年のQ4と比べて、黒鉛電極価格が上がるので増収し、多少増益、というのが2019年上期の黒鉛電極事業だと思います。

黒鉛電極の価格に興味がある方は、以下記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です