株式投資で成功するためには、恐怖で買って欲で売る

人間はどうしても株価が上昇を続けると、それに乗り遅れたくないがために更に買い増ししてしまう。すなわち、欲で買います。

そして、大暴落が起きると、含み損と言えどその拡大を恐れて、損切りして売ってしまう。すなわち恐怖で売ります。

ですが実際は、価格が上がっているときに買うのは本質的価値と価格の乖離から考えて、間違っています。

そして同様に価格が下がっているときに売るのも、本質的価値と価格の乖離から考えて、間違っています。

価格が下がれば、より割安になるので、本来であれば買うべきところです。

ということで、恐怖で買って、欲で売るというのが正しい心構えだなと思いました。

これを自分の中に、瞬時に思い出せるように何度も刷り込んでいきたいです。

ただし、大暴落が始まったばかりだとそこから更に大きく下がり続けるので瞬時に損切りすべきです。

結局は、自分が今市場サイクルのどこにいるのか?に対して高い洞察力を持つ必要があり、それが全てだとも言えます。

しばらく、市場サイクルに対しての勉強を続けたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です