企業分析:アスコット

アスコットという不動産開発の会社が、おもしろそうなので分析してみました。

1.なぜ、面白いと思ったのか?

  • 2018年9月期の経常利益の伸びが前年比で2.5倍くらいになっている
  • 一方で、株価はひたすら横ばいで、たいして伸びていない
  • 理由を見てみると、4Qにほとんど全ての利益が経常されるため、まだ何も実現していないためです。

2.アスコットの業績は?

  • 2018年9月期で
  • 売上170億円、営業利益13.5億円を予定
  • 一方で、3Qまでの実績は、売上33億円、営業利益▲1億円
  • すなわち、4Qで、売上140億円、営業利益14.5億円くらいが必要になります。

3.では、Q4の業績はどうなのか?

  • 7月~9月なので、もうすぐ締めるはずですが、今のところ何もわかりません。
  • 8月10日に販売用不動産の契約に関するIRが出ていますが、この規模だと売上20億円程度で、他には何もIRが出ていませんでした。
  • ただし、過去1年のIRを見てみましたが、大型の物件売却をしても、IRを出すとは限らないようです。

4.鍵は、売れるのかどうか?

  • たな卸し資産を見ると、昨年9月末で60億円程度だったものが、今年の6月末で220億円程度あります。
  • ですので、70%くらいを売却できれば、売上として150億円を立てることは可能
  • 問題は、このQ4で売れるのかどうか?だけです。
  • 営業利益率は10%くらいでずっと来ているので、普通に考えれば売上140億円、営業利益14億円は可能そうな数字

仮に売れなかった場合は、Q4の数字は悪く、株価が下がる可能性があります。ただし、それでも期ズレが起きるだけで来年のQ1なりで売上を立てられるはずなので、むしろ買い増しするチャンスと考えることもできます。全く売れないため、安値で売りさばくような状況にならない限りは、なんとかなるかと。まだ、不動産市場も崩壊しているわけではないため、少しだけ遊びで投資してみようと思いました。

投資・資産運用に関して興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

今までの企業分析の記事に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です